パナソニック教育

ダニエラ・カラカチ, ビジュアルシステムソリューション部門マーケティングディレクター パナソニック, 教育センターでのメーカーのプロジェクターと4Kスクリーンの範囲を使用することの利点を公開.

現在は, スペインの教育センターの多くは、プロジェクターやスクリーンを持っています パナソニック 4K あなたのレッスンを教え、あなたの生徒を訓練するために. 教室での技術の応用はデジタル変換の成果の一つであり、パンデミックの結果としてその使用が増加しています, この分野のニーズに適応する.

これらの機器の利点の中で, ダニエラ・カラカチ, 部門マーケティングディレクター ビジュアルシステムソリューション パナソニックの, señala que “より明確で詳細な方法で、科学実験などのリソースを理解する能力を学生に与える, グラフとテーブル.この詳細レベル, 鮮やかな色の範囲と組み合わせる, また、医学生や看護学生も重要です。, たとえば".

その点, 心理学の専門家は、教育における色の使用は学生にとってより有益かもしれないと説明する. 例えば, 緑の色は、教室での効率と集中を奨励します.

新しい教授法

4Kビジュアル技術の採用は、新しい教育技術と学生の期待によっても推進されます。. 例は、いわゆる 規模の高い教室, 育成する教育環境 アクティブな学習と相互作用 小さなテーブルを配置することによって, 独自の4Kタッチスクリーンを備えた各, 部屋の周囲を囲む, そして正面のより大きい視覚または投影システム.

「学生は、自分のデバイスを使ってコンテンツを作成し、共有することが多く、すでにラップトップ上の4Kの視覚的な利点に非常に慣れている。, タブレットや携帯電話、カラカチは付け加えます。. この視覚技術の質は、現在の世代の学生にとって不可欠なものとなっています。.

プロジェクターや4Kスクリーンの使用における教師のためのもう一つの利点は、最大共有する機会です 4 つの異なるコンテンツ ソース 同時に学生と.

おかげで、この, コースプレゼンテーションを整理して、異なるアプリケーションを4つの異なる画面ウィンドウで同時に実行できます。, mejorando la comprensión de los estudiantes y, そこで, con mejores resultados de aprendizaje.

ITM Meeting Solutions Universidad Malardalen panasonic

Múltiples fuentes e imágenes más grandes

Como cualquier otro sector, el de educación también ha tenido que adaptarse con la pandemia. “Tiempo atrás, las lecciones se impartían mediante libros. A día de hoy, sabemos que el proceso de aprendizaje es mucho más eficaz si es multisensorial y especialmente visual. Con las pantallas 4K de Panasonic se pueden ver varias ventanas al mismo tiempo y se proyecta cada imagen con resolución HD, mostrando sus contenidos nítidamente”, explica esta directiva.

En el caso de las aulas y salas de conferencias, el distanciamiento social ha dado lugar a nuevos requisitos. Como las personas siguen estando socialmente distanciadas, la tendencia es utilizar pantallas más grandes en aulas y salas más amplias para que los estudiantes puedan seguir visualizando los contenidos desde cualquier punto de la misma.

La tecnología 4K es idónea para esta situación, ya que su resolución permite que las pantallas de mayor formato sigan mostrando imágenes nítidas, sin pixelarse.

“Con la crisis por la COVID-19, ザ ハイブリッド学習 parece que se convertirá en una tendencia a largo plazo, con algunos estudiantes físicamente en el aula y otros online. El uso de cámaras, proyectores y pantallas 4K funciona bien en este entorno híbrido, al combinar a la perfección el contenido físico y el digital”, afirma Karakaci.

パナソニック ビジュアル ソリューションコラボレーション

4Kを受け入れる2つの方法

4K技術のメリットは明らかですが, また、新たな投資が必要. しかし, 教育機関がそれを採用するための2つの可能なアプローチがあります.

最初の選択肢は、単にサポートするデバイスを選択して、将来のプロジェクターとディスプレイへの投資をテストすることです。 4K入力. その一例がパナソニックプロジェクターシリーズです。 PT-MZ880, 4K入力信号をサポート, 受け入れる 4K/60pビデオ HDMIまたは端子入力を介して デジタルリンク.

2つ目は、機能を備えたプロジェクターを選択することで、4Kのすべての利点に賭ける方法です。 トゥルー4K, シリーズとして PT-FRQ50 このメーカーから, プロフェッショナルな4Kディスプレイのフルレンジと一緒に, タッチを含む.

「各センターの焦点に関係なく, los profesionales de la educación ya están viendo el enorme potencial de utilizar el 4K en el aprendizaje. Contamos con la más amplia gama de proyectores, pantallas y herramientas de colaboración 4K para ayudar a que esta tecnología acabe siendo universal en la educación”, concluye Daniela Karakaci.


あなたはこの記事が好きでした?

私たちの購読 RSS フィード そして、あなたは何も見逃すことはありません.

その他の記事について
によって • 25 11 月, 2021
• 節: 陳列, 形成, 投射, お大事に