複数の場所への信号の異なるプロトコルの輸送のシステムの可能性を実証するために発売はそれぞれコンソール伊勢 2015年でその台で複数ブース ネットワークを介して接続 Optocore/Broaman。

発売ネットワーク ISE2015

繊維光学ネットワーク リング 発売 Optocore/Broaman で作成されました。 ISA 2015 年のこの会社のスタンドでインストールされている 3 つのデジタル コンソールから始まります、まで続いたの マーティン・オーディオ、、デジタル インター フェース Optocore DD32R は、AES EBU を介してオーディオのこのメーカーのスピーカーを接続します。さらに、地区の Optocore DD4MR アレン&ヒース それはマルチ トラック スタンド ユニットである Optocore X6R AES EBU にも接続されている MADI プロトコルを介してコピーするため ハインツ ・ Renkus

さらに、2 番目のユニット DD32R AES EBU は設置のスタンド Powersoft一緒に別の Optocore スペースでこのネットワークに接続するシステム Broaman MUX22 は、順番にじこちゃんの他の MUX22 ユニットへのリンク立ってリングを完了します。

発売 ISE2015Ámsterdam RAI、ヤープ飛びあがるとしての責任は、技術展開 TM オーディオ (スタンド 7 K175)、ディストリビューター発売オランダで「表示今年完全な透明性を持つ。ユニット発売 SD5 と SD7、SD9、SD10 SD11 (ループ Optocore で一緒にそれらのいくつか) はエンクロージャの別のスタンドに接続しています。またマルチ トラック (生きているバンドをシミュレート) とポータブル コンピューターがある SD5 と SD7 Optocore を介して接続する順番はマディ インターフェイス同軸 MGB DiGiGrid ユニット SD10 を介して接続すると、"。

El multirack instalado en el espacio expositivo de DiGiCo combina a la vez las unidades SD10, SD5 y SD7, “simulando, por ejemplo, una sala de monitores con difusión en vivo, una mesa PA de control de audiencia (FOH), -continua Pronk-. Al mismo tiempo, las mezclas se envían a los nuevos amplificadores de Powersoft, Martin Audio y Renkus Heinz, que están situados en diferentes lugares, mientras que el multipista se copia en un sistema de mezcla Allen & Heath que puede hacer una mezcla separada para otra ubicación”.

Optocore ISE2015Además, las unidades Broaman ubicadas en los expositores de DiGiCo y Optocore “no solo actúan como el túnel de este anillo que hemos formado en ISE 2015 -puntualiza este responsable-, sino que también están conectados a la cámara de vídeo y a las pantallas de la sede del certamen. Todo ello da lugar a una poderosa combinación de múltiples líneas de vídeo de alta calidad, sistemas de intercomunicación y cientos de canales de audio entre todas estas cabinas, de manera que, por ejemplo, en el stand de Optocore se puede ver y escuchar lo que está sucediendo en el de DiGiCo, y al revés”.

発売コンソールは 1 つだけ OEM Optocore として製造され、ネイティブ プロトコル 2.21 Optocore です。ユーザーは、各インターフェイスのマイク ・ プリアンプ X6R を発売間光ファイバーの接続のおかげでこのコンソールから直接制御できますのキャビンと発売 Optocore/Optocore ネットワークの一部としてリモートでリアルタイムを表示できます。

ように示す Jaap 飛びあがる、「Optocore の発売と共に今見つけることができる劇場のように、多くのインストールで生体内でのイベント接続のシステムなどを提供しています」。重要な利点は、それは完全に冗長ネットワーク ネットワークの追加単位ごとに任意の遅延なし同期追加」。

ISE 2015への特別アクセス


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 11 Feb, 2015
•セクション: オーディオイベントビジネスネットワーキング